« 迎え火 たいまつ行列 | トップページ | 寺子屋研修旅行 »

あげんだい・燈籠流し

送り火の行事、あげんだい・灯ろう流しが行われました。

Photo_3

あげんだいは横内歴史研究会による精霊送りの行事です。

毎年8月16日に横内朝比奈川でおこなわれます。

2_2

あげんだいとは孟宗竹の上部を割って籠を作り、その中に燃えやすい松葉や麦わら竹の筒などをいれたもので、それにたいまつを投げ入れ早く火がつくのを競うものです。

あげんだいは、松明による玉入れのようなものです。

最近は松の木が少ないようで、冬に海岸端の松並木でその材料を採取してくるそうです。

横内におけるあげんだい・灯ろう流しは昔からの行事で、一端30年ほど前に行われなくなりましたが、平成11年の横内400年祭にて復活しました。その後、横内歴史研究会により、毎年精霊送りの日におこなわれるようになりました。3_2

あげんだいと灯篭流しは、横内の精霊送りの恒例行事として毎年行われています。

1_2

|

« 迎え火 たいまつ行列 | トップページ | 寺子屋研修旅行 »

日々」カテゴリの記事